スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マンション投資より儲かる」携帯電話充電器マルチ商法(産経新聞)

 「マンション経営よりももうかる」。携帯電話の充電器にからむマルチ商法をめぐり、大阪市の販売会社「MMS」(現・メディアクロス)が27日、摘発された。元社長の石川和孝容疑者(52)らは充電器を購入した契約者を「代理店」と呼び、言葉巧みに勧誘を展開。違法な充電器ビジネスで巨額な資金を集めていた。

 ■書面のみの「所有権」販売

 滋賀県湖南市菩提寺の閑静な住宅地。この日午前8時20分ごろ、府警の捜査員に伴われて自宅から出てきた石川容疑者はパーカーのフードで顔をすっぽり隠したまま、捜査車両に乗り込んだ。

 関係者によると、石川容疑者らは契約者が新たな顧客を獲得するごとにボーナス名目で4万円を支給。上位の契約者のなかには、他の物品を扱う別のマルチ会社も加わっており、組織的な勧誘で売り上げを伸ばす一方、契約者には実際の充電器は渡さず、書面上だけの「所有権」を売りさばいていた。パンフレットなどでうたっていた約1万1千台の設置台数も、実際ははるかに少なかったという。

 高知市内に住む60代の無職男性は5年前、地元で開かれたセミナーに出席。セミナーの主催者は、MMSの上位の契約者にあたる京都市内の健康食品会社だった。

 「韓国では公衆電話のように街中に充電器が置かれている」。担当者は熱っぽく充電器ビジネスの有望さを訴え、男性は約52万円で充電器1台の所有権を購入。契約書には購入後3年間は解約できないと書かれていたが、「充電器の価値は今後もっと上がる。新たな購入希望者に所有権を転売すれば購入時よりも高く売れる」と説得され、平成18年ごろまでに計20台分を購入した。

 しばらくは1台につき約2千円の配当が毎月支払われていたが、徐々に配当額が減ってきたため、MMSに問い合わせると「事業が遅れて一時的に利益が上がっていないが、問題ない」と説明された。

 「老後の蓄えがすべて無くなってしまった。だまされた」。現在は弁護士に相談して民事訴訟を起こしているという。

 神戸市内の40代の主婦も「月に数万円の配当がある」と知人から紹介され、18年に1台分を購入。約束通りの配当が支払われなかったために契約の解除を申し込んだが、返答はなかったという。女性は「MMSには誠意ある対応がまったくなかった。だまされて悔しい」と話した。

【関連記事】
売り上げ190億円 携帯充電器マルチ商法、幹部ら逮捕
ネット端末ねずみ講、被害2千人7億円超 容疑の業者逮捕
円天&組長コンペの細川たかしは「派手なこと自粛」
女性教諭がマルチ商法?同僚ら勧誘で報酬290万円 長崎
「ネット仮想空間で確実な収入」 マルチ会社に業務停止命令

水俣病訴訟 熊本地裁が和解勧告 不知火患者会と被告に(毎日新聞)
民家全焼、父と10歳女児、祖母の3人死亡 神戸(産経新聞)
<リコール>BMW15車種、ロールスロイスも4車種(毎日新聞)
普天間、白紙での議論強調=鳩山首相(時事通信)
小沢氏聴取 首相の“連帯責任論”は… 閣僚からも危機感 対応誤れば政権崩壊も(産経新聞)
スポンサーサイト

<雑記帳>自民党本部に屋台 幹事長も腕振るう(毎日新聞)

 自民党大会を翌日に控えた23日、東京・永田町の党本部1階ロビーには党員向けの屋台や出店が並び、大島理森幹事長がお好み焼き作りに腕を振るった。

 「料理は卵焼き程度」という大島氏だが、生地を返す手つきはなかなかのもの。周囲からは「与野党もひっくり返して」と声が飛んだ。1枚100円で販売し、収益はハイチ大地震などの義援金にあてる。

 同じころ、近くのホテルでは小沢一郎民主党幹事長の事情聴取が行われていた。「政治とカネ」問題といえば自民党政権の悪癖だっただけに、今回は汚名を返上するチャンス。大島氏は「庶民派」のアピールに懸命だった。【木下訓明】

飛び降り死は18歳少年=万引き容疑、逃走中屋上から-大阪(時事通信)
<大藪春彦賞>樋口明雄さんと道尾秀介さんに(毎日新聞)
<臓器移植>新規登録者の約4分の1 親族優先提供を希望(毎日新聞)
19世紀ドイツの地図も「竹島は日本領」地図、複数現存(産経新聞)
<訃報>永田法順さん74歳=最後の琵琶盲僧(毎日新聞)

【島の風景2010】隠岐・島後 島根県(産経新聞)

 大小の石を敷き詰めた海岸に、素朴な平屋建ての舟小屋が並ぶ。屋根は杉皮と竹でふき、玉石が重し。舟小屋では、舟を風雨から守り、網などの漁具を保管する。

 日本海に浮かぶ「隠岐島」で情緒ある冬の島を撮影しようと島根県に向かった。調べて驚いたのは「隠岐島」という島がないことだった。

 隠岐島は4島の主要な島からなる「隠岐諸島」の通称で、南西の3つの島(知夫里島、中ノ島、西ノ島)を「島前(どうぜん)」といい、水道を挟んで北側の最も大きな島を「島後(どうご)」と呼ぶ。

 島後には約1万6千人が暮らし、隠岐空港がある。舟小屋は、空港から車で約20分、島後の南西にある都万(つま)という漁港にある。

 舟小屋は約20棟。1棟に2隻の舟が入る。高宮司久(もりひさ)さん(73)も自分の舟を置く1人だ。大阪で定年退職後、故郷の隠岐に帰って13年。「今は漁師のまね事をして暮らしています」と笑う。

 高宮さんのお宅に伺うと台所に案内された。「きょう捕れたばかりの魚」と見せてくれたのはタイやメバル、ウマヅラハギなど10匹余り。島の自慢は、うまい魚と美しい海に囲まれた自然だという。

 隠岐は奈良時代の724年、「遠流(おんる)の島」とされて以来、後鳥羽上皇や後醍醐天皇ら3千人以上が流された。都から中国山地を越え、海を渡って行き着くまでに2カ月を要したという。

 特に冬の日本海はしけるときが多く、現在でも本土と島後を結ぶ高速船は12月ごろから春まで運休する。島には船で向かいたかったが、フェリー便に乗る時間がとれず、やむを得ず私は飛行機で海を渡った。

 厳しい自然環境から小さな舟を守ってきた舟小屋は昭和62年、道路計画で立ち退きを余儀なくされた。しかし、小屋の民俗資料的な価値が認められ、沖合へ約5メートルずらして再建された。

 「漁師にとって舟小屋は心のよりどころ。まあ、おふくろのような存在だな」と、東一春さん(55)。ヤスでアワビ、サザエなどを採る。伝統的な漁法「かなぎ漁」の漁師だ。

 舟が木造だった時代は毎日、漁から帰ると舟を小屋に入れた。今は構造材の耐久性が向上し、舟小屋の必要性は低くなった。それでも、舟小屋は島の人たちの心を見守る“おふくろ”であることに変わりない。(写真報道局 飯田英男)

                   ◇

 ≪アクセス≫

 大阪・伊丹空港から隠岐空港まで飛行機で約1時間。フェリーは、島根県松江市の七類港から島後・西郷港まで約2時間半。高速船なら約1時間だが12月中旬から2月まで運休。運行ダイヤなど問い合わせは隠岐汽船TEL08512・2・1122

【関連記事】
春の遍路シーズンの幕開けを告げる小豆島霊場開き
19世紀ドイツの地図も「竹島は日本領」
無人島を所有したい!競売が大反響 広島・呉「三ツ子島」
お龍と童心に返った下関
ツシマヤマネコを保護 対馬・下島で数十年ぶり

38歳女性死亡、同居の母親は睡眠薬大量服用(読売新聞)
第81期棋聖戦 本線参加16人出そろう(産経新聞)
加湿器 中国製で発火事故4件 輸入元が6万台リコール(毎日新聞)
小沢幹事長 「与えられた職務に全力」 続投を改めて示す(毎日新聞)
脱走した「北限サル」無事に捕獲 上野動物園(産経新聞)

名護市長選 県外移設派、稲嶺氏当選 辺野古案困難に(毎日新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題を最大の争点とした沖縄県名護市長選が24日投開票され、県外移設を主張する無所属新人で前市教育長の稲嶺進氏(64)=民主、共産、社民、国民新推薦=が、条件付きで移設を容認する現職で無所属の島袋吉和氏(63)を破り、初当選した。これにより、自公政権が06年に米政府と合意した米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同市辺野古(へのこ))への移設は困難となった。鳩山政権は移設先の見直しを加速させる方針だが、米側は合意の履行を求めており、解決のめどは立っていない。

【写真特集】米軍普天間飛行場とキャンプ・シュワブ沿岸部

 投票率は76.96%で、過去最低だった前回(74.98%)を上回った。当日有権者数は4万4896人だった。名護市長選で移設の是非が争点となるのは普天間飛行場返還に日米が合意した96年4月以降、98年2月を最初に今回で4回目。これまでの3回は移設容認派が当選しており、反対派の勝利は初めて。09年8月の衆院選で県外移設を訴えた鳩山由紀夫首相率いる民主党中心の連立政権が発足し、移設見直しへの期待が高まっていた。

 稲嶺氏は、島袋氏が06年に辺野古移設を容認した経緯などに不満を持つ一部保守系市議が擁立。国政与党の民主、社民、国民新党のほか、共産党の推薦も受け、県外移設を求める立場を明確にした。選挙戦では「辺野古に新基地は造らせない」と主張。鳩山政権との連携による地域振興などを訴え、無党派層にも支持を広げた。

 自民、公明両党や市経済界の支援を受けた島袋氏は、選挙戦では移設問題にほとんど触れず、市政継続を訴えたが及ばなかった。

 鳩山政権は12月、普天間移設問題の結論を5月に先送りすることを決め、政府・与党の沖縄基地問題検討委員会(委員長・平野博文官房長官)を設置して見直し作業を進めている。鳩山首相は名護市長選の結果が移設先の検討に影響する可能性に言及しており、辺野古移設の選択肢は事実上消えたことになる。

 稲嶺氏の当選により県外移設への期待が沖縄県内でさらに高まるのは確実。これに対し、平野長官は10日、沖縄本島や離島を上空から視察するなど県内移設を模索する構えも見せている。米側との調整も難航は必至で、鳩山首相が設定した5月の期限へ向け政府は難しい対応を迫られる。【三森輝久】

【関連ニュース】
<世の中ナビ>2010安保:普天間移設を問う--沖縄・名護市長選
民意の行方:1・24名護市長選 きょう投開票 「期日前」3割超え
名護市長選:新人と現職が立候補 普天間移設にも影響
普天間移設:沖縄知事「県内では辺野古以外ない」

小沢氏、続投を表明=「職責を全う」(時事通信)
<自民・谷垣総裁>民主の対策チーム「小沢紅衛兵」と批判(毎日新聞)
<虚偽記載>「代表選を意識」石川議員、小沢氏出馬に配慮(毎日新聞)
コースター点検走行中、足場にぶつかり重体(読売新聞)
参院選への影響を懸念=小沢氏団体の事件で-古賀連合会長(時事通信)

都議会参考人招致 築地移転で賛否(産経新聞)

 築地市場(東京都中央区)の豊洲地区(江東区)への移転問題をめぐり、都議会経済・港湾委員会は19日、賛否両方の立場の参考人3人を招致し初めて意見を聴いた。早期移転を訴えた市場関係者に対し、地質の専門家は移転先の土壌汚染ついて、より詳しい調査の実施を主張。意見を元に2月の都議会第1回定例会では、現地再整備を掲げる民主などと、移転を求める自民、公明で激しい議論が展開される見通しだ。

 招致されたのは、賛成派が、市場の業界団体でつくる新市場建設推進協議会の伊藤裕康会長と都の専門家会議座長の平田健正・和歌山大学理事で、反対派が日本環境学会元副会長の地質学者、坂巻幸雄氏。

 伊藤会長は「老朽化と設計の古さが最大のネック」と指摘。過去に現地での再整備が敷地の狭さなどから頓挫した経緯を説明し、「練りに練った計画が頓挫した。今後何十年とかかるなら私の命ももたない」と訴え、再調査を求める声について「今後どんなデータが出ても会議の提言や対策が変わることはない」と断言した。

 坂巻氏は移転先の土壌汚染について、「現在あるデータからは、食品を扱う場として安全といえない段階にある。慎重の上にも慎重を期し、移転への流れをつくるのはやめたほうがいいというのが結論だ」と再調査の必要性を訴えた。

 委員会終了後、増子博樹副委員長(民主)は「与野党が逆転し、執行機関でない人から意見を聴いたことは画期的だった」。一方、高木啓副委員長(自民)は「現地再整備を主張する会派がどう判断するか推移を見守るが、真摯(しんし)に対応してほしい」と述べた。

 委員会は26日には参考人として移転に反対するNPO法人「市場を考える会」代表の山崎治雄理事長に意見を聴く。

パロマCO中毒判決は5月11日 元社長ら改めて無罪主張し結審(産経新聞)
雅子さま、震災被災者への思い強く 地方への公式訪問は2年ぶり(産経新聞)
<センター試験>監督者のミス 信州大の14分早く始めた試験(毎日新聞)
天皇公的行為で政府見解へ=平野官房長官が表明-衆院予算委(時事通信)
小沢氏、記者団に「何も職を辞する必要もない」(産経新聞)

「政治とカネ」解明に全力=自民全国幹事長会議-谷垣総裁(時事通信)

 自民党は23日午後、党本部で全国幹事長会議を開いた。谷垣禎一総裁はあいさつで「参院選勝利を確実なものにするため、先頭に立つ決意だ。政権奪還の道を皆さんと歩みたい」と表明した。鳩山由紀夫首相と小沢一郎民主党幹事長の「政治とカネ」の問題については、「現政権の問題解明に全力を挙げる」と強調した。
 質疑では、参院選比例代表の「70歳定年制」について、長野県連の石田治一郎幹事長が「安易な例外的取り扱いはしないでほしい」と述べ、山崎拓前副総裁らを念頭に定年制厳守を求めた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

「低下」初めて「上昇」上回る=1年後の物価見通し-12月の消費動向調査(時事通信)
「玻」「鷹」に追加要望多数…常用漢字第2試案(読売新聞)
センター試験 問題訂正漏れぬよう受験生“軟禁”(産経新聞)
<人事>外務省(毎日新聞)
バイク同士接触、小学教諭死亡 大阪・鶴見(産経新聞)

泣きながら「すみません」=再び「自白」のテープ再生-足利再審公判(時事通信)

 栃木県足利市で1990年に4歳女児が殺害された足利事件で、無罪が確定的になっている菅家利和さん(63)の再審第5回公判が22日、宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で開かれた。うその自白を撤回した菅家さんが、検察官の取り調べでDNA型鑑定の結果を基に追及を受け、泣きながら「すみません」と述べるなど、再度「自白」した際の録音テープが再生された。
 同日午後には、調べを担当した森川大司元検事が証言する。
 再生されたのは、菅家さんが一審公判中だった92年12月8日の取り調べを録音した約1時間25分のテープ。テープによると、森川元検事は菅家さんが前日に「自白」を一転させたことに対し、捜査段階のDNA型鑑定の結果を挙げ、「君の体液と一致する体液が犯行現場にある」と問いただした。
 さらに、元検事は足利事件の起訴は菅家さんが事件を認めたからではなく、ほかにも証拠があったからと追及。沈黙を続ける菅家さんに、「ずるくなれといったわけじゃないんだよ」「僕と目を合わせてない」と強い口調で約10分間にわたり迫った。菅家さんは「勘弁してくださいよお」「すみません」と言って、泣きながら再び「自白」に転じた。
 その後、元検事は「人間としての誠実さを失ったら終わり」「一度話をした以上、自分の心の傷として刻みつけておいてもらいたい」と語り掛けた。 

【関連ニュース】
再度「自白」のテープ再生=取り調べた元検事出廷へ
震える声「やってません」=「自白」撤回のテープ再生
取り調べテープ再生=「話しちゃえよと言われた」
11年前にも男性殺害か=経営者強殺事件の被告ら-3人再逮捕へ・宮城県警
井戸の底から遺体発見=屋久島の不明男性か

元長崎市長 本島等さん、野中元議員と反戦対談(毎日新聞)
司馬遼太郎さんが愛した森再現、一般開放へ(読売新聞)
側近逮捕にも変わらぬ支配力 小沢チルドレンは断固支持(スポーツ報知)
元秘書、石川氏から証拠隠しは「小沢先生のご指示」と聞いた(産経新聞)
羽賀研二被告の知人の元歯科医、偽証罪を否認 恐喝未遂初公判(産経新聞)

首相「検察へ圧力ない」 陸山会事件発言で釈明 参院代表質問(産経新聞)

 菅直人副総理・財務相の財政演説に対する各党代表質問が20日午前、参院本会議で行われた。自民党の尾辻秀久参院議員会長が、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入事件に関する鳩山由紀夫首相の一連の発言を「検察に対する圧力ではないか」とただしたのに対し、鳩山首相は「検察に対する圧力という意図も(捜査への)影響もない。検察が公正な捜査をすることを信じている」と述べ、批判を否定した。

 また首相の偽装献金事件に関連して、実母から12億6千万円の資金提供を受けたことには、「資金提供は何も承知していなかった。贈与税を免れようという発想はなかった」と重ねて釈明した。

 同時に、尾辻氏が「恥じるところがあるなら即刻辞職してほしい」と退陣を迫ると、首相は「天に恥じることがないように、国民の政権交代に対する期待に応えるという使命を果たすのが、首相として責任を果たす道だ」と応じ、総辞職を否定した。

 また、天皇陛下と習近平中国国家副主席との特例会見について、首相は「日中関係を未来に発展させる観点から大きな意義を有している。政治利用には当たらない」とした上で、「象徴天皇制については十分理解している。天皇への尊崇の念は持ち合わせている」と述べた。

 一方、首相が5年前に出版した「新憲法試案」で憲法改正を訴えたことについては「一人一人が憲法はかくあるべしという考えをもつのは当然だ」とし、「首相には憲法尊重擁護義務がある。今は私の考え方を申し上げるときではない。在任中も考えない」と言明、持論を封印する考えを示した。

 尾辻氏に続いて、民主党の藤原正司参院議員副会長、公明党の松あきら氏が質問。民主党は衆院では「政府・与党は一体」として質問を見送っており、衆参で対応が分かれた。

【関連記事】
国民新党の下地氏、民主の検察リーク調査に「参加しない」
首相が指揮権発動否定 小沢氏側土地問題 「潔白信じる」
民主調査チーム 疑惑解明を妨害する気か
民主は良識まで“交代”か
小沢事務所への献金は“みかじめ料” 東北の談合

将棋 久保が三間飛車 王将戦第1局(毎日新聞)
産業ガスをめぐりカルテルか 大陽日酸など十数社に立ち入り検査(産経新聞)
【揺らぐ沖縄】与野党なぜ「傍観」 移設先困った民主/ねじれに悩む自民(産経新聞)
<私立中入試>近畿でスタート 不況で倍率低下(毎日新聞)
民主、参院比例に前群馬県知事を擁立(産経新聞)

医療分野への緊急保証制度の適用を要望―四病協(医療介護CBニュース)

 四病院団体協議会(四病協)は1月15日、中小企業が民間の金融機関から融資を受ける際に信用保証協会が保証する「緊急保証制度」を、医療・介護分野にも適用するよう求める要望書を直嶋正行経済産業相あてに提出した。要望書ではまた、民間の金融機関だけでなく、独立行政法人福祉医療機構からの融資も同制度の対象にするよう求めている。

 四病協は要望書の中で、国公立を除いた一般病院の損益差額が、2007年調査のマイナス0.2%から09年調査でマイナス0.7%となった「医療経済実態調査」の結果を示し、「病院経営の赤字基調が続いている」と指摘。同制度を医療・介護分野にも適用することで、「地域医療において重要な役割を果たしている民間病院(介護施設含む)の経営の安定化が図られる」としている。

 同制度をめぐっては、全国老人保健施設協会(川合秀治会長)も14日付で、病院や診療所、介護老人保健施設への適用を求める要望書を、直嶋経産相と民主党の小沢一郎幹事長あてに提出していた。


【関連記事】
病院や老健などを緊急保証制度の対象に―全老健が要望
医療実調の結果受け診療報酬の底上げ要望―保団連
介護基盤整備などへの融資で優遇措置-福祉医療機構
急性期病院の入院報酬を1.2倍に-民主マニフェスト案
民間病院の4分の1が昨年度赤字

湯かけ祭り 八ッ場ダムの地元は一面湯気 川原湯温泉(毎日新聞)
痴漢 愛知県職員に無罪判決「故意とは認められぬ」(毎日新聞)
直木賞の白石さん一問一答「嫌いだった直木賞、好きくらいは言いたい」(産経新聞)
高血圧症予防を目指し「塩を減らそうプロジェクト」が発足(医療介護CBニュース)
石川議員逮捕 土地購入原資「小沢氏が相続の金」(毎日新聞)

ゆるキャラ関西チーム、香港へ海外遠征(産経新聞)

 関西2府4県のゆるキャラで結成された「関西ゆるキャラオールスターズ」が香港の旧正月を祝うため“海外遠征”することになり18日、大阪市北区の大阪国際会議場で結団式が行われた。奈良・平城遷都1300年祭のマスコットキャラクターの「せんとくん」らは「関西の観光をしっかりとアピールしてきます」と決意を語った。

 結団式に参加したのは、せんとくんをはじめ、兵庫県の「はばタン」や大阪市中央区の「ゆめまるくん」ら12のキャラ。2月14日の旧正月に香港で開催されるパレードに世界のパフォーマーとともに参加する。

 当日は、ゆるキャラたちは人力車などに乗って行進。会場に設置されたステージで「ゆるキャラ音頭」を披露し、日本文化をPRしながらパレードを盛り上げる。

 主催する香港政府観光局の担当者は「香港の人たちにもゆるキャラは受け入れられるはず。香港と日本の相互交流の架け橋になってくれたら」と期待を寄せた。

【関連記事】
関西中心にアイツの人気は…初CD発売で全国区見えた!?
ご当地名産品「ゆるキャラメル」発売、第一弾は…
「返事は待ってにゃん」滋賀・彦根のひこにゃんに年賀状4600通
ゆるキャラ「いしきりん」でPR 東大阪・石切神社の参道
名古屋の「はち丸」と松江の「あっぱれくん」が対面 島根

【再生の街 水谷門下生の震災15年】(下)神戸市中央区・旧居留地(産経新聞)
小沢氏の公設第1秘書・大久保被告を逮捕(読売新聞)
ドコモ携帯で通信障害=東京、神奈川、埼玉で(時事通信)
外国人参政権は三党合意ではない亀井金融・郵政改革担当相(レスポンス)
【元厚生次官ら連続殺傷】論告要旨(下) 「極悪非道で一分の同情の余地もない」(産経新聞)

<出版社>国内21社が電子書籍協会発足へ アマゾンに対抗(毎日新聞)

 講談社や新潮社、集英社など主な国内の出版社21社が、一般社団法人「日本電子書籍出版社協会」(仮称)を2月に結成する。電子書籍市場の拡大、米国の電子書籍大手、アマゾンの読書端末「キンドル」の日本語版発売が想定される中、主要出版社が書籍電子化に団結して対応することなどが狙いだ。

 電子出版については電子書籍の会社が出版社を通さず、個別に著者と交渉することもあった。同協会は、著者や販売サイトとの契約のモデル作りをしたり、電子書籍の端末メーカーと著者、出版各社などの交渉窓口となる。デジタル化に伴う作品2次利用に関する法整備も求めていく。

 講談社や光文社、文芸春秋などは2000年から「電子文庫出版社会」を結成し、自らも書籍電子化を進めてきた。他方、電子書籍端末は、キンドルのほか、ソニーやシャープなども開発を進めている。調査会社インプレスR&Dによると、電子書籍の国内市場は、08年度に約464億円。今後、大幅に拡大する可能性が高い。

 このため、電子文庫出版社会参加の13社にNHK出版やPHP研究所など8社を加え、新たに法人を設立することになった。計21社で、国内の電子書籍市場シェア(コミックを除く)の9割を占めるという。

 講談社広報室の鈴木宣幸部長は「新しい協会を通して、業界の交通整理や著者の権利擁護をしたい」と話している。【鈴木英生】

政府税調 専門家委座長に神野直彦・関西学院大教授で調整(毎日新聞)
怒ると口癖「撃ったろか」 発砲3人殺害、容疑者はベテラン狩猟家(産経新聞)
衆院選違憲判決で双方上告=大阪(時事通信)
直木賞に佐々木譲氏、白石一文氏(産経新聞)
<松下参院議員>自民に入党…参院選公認候補へ(毎日新聞)

在留資格不正取得で裏ビジネス=フィリピン人ニューハーフに-偽旅券使い結婚(時事通信)

 フィリピン人ニューハーフを日本人の男と結婚させ、日本での在留資格を不正に取得させる裏ビジネスが存在することが12日、埼玉県警の調べで分かった。日本人の男が同国でフィリピン人女性と偽装結婚、この女性が日本人の妻として取得した旅券で別のフィリピン人の女が日本に入国し、ニューハーフに渡していたという。
 県警国際捜査課などは同日までに、公正証書原本不実記載・同行使容疑などで、日本人の男3人とフィリピン人ニューハーフ3人の計6人=うち2人は有罪確定=を逮捕、運び屋のフィリピン人の女(30)を同日、入管難民法違反容疑で逮捕した。事件には同国のブローカーらが絡んでいる可能性が高いとみて、同課などが調べている。 

【関連ニュース】
行政書士と妻逮捕=架空会社で中国人雇用
元従業員の男逮捕=会社役員殺害容疑
人身取引対策計画を決定
入管汚職、再発防止に全力=千葉法相
偽装認知容疑で初逮捕=子に日本籍、比国人女ら2人

日航CEO、「前向きに検討」=稲盛京セラ名誉会長(時事通信)
トキ、石川にも愛の巣…佐渡から引っ越し(読売新聞)
お鍋のトレンド「締め」に異変 ブームで主役の座奪う勢い(産経新聞)
<温暖化対策>気象キャスター18人が呼び掛け(毎日新聞)
<雑記帳>「夫婦円満」秘訣は?…亭主関白協会の会長が伝授(毎日新聞)

「献金先との交渉はすべて西松で…」 新政研代表の調書朗読(産経新聞)

 【小沢氏秘書 第2回公判】(11完)

 《10分ほどの休廷をはさんで裁判が再開される。検察側、弁護側はすでに着席しているが、証人として証言台に立っていた西松建設の元総務部長兼経営企画部長は退廷しており、その姿は法廷にない。民主党の小沢一郎幹事長の秘書、大久保隆規被告(48)は表情を変えずに被告席に座っている。休廷を申し出た検察側に、登石郁朗裁判長が問いかける》

  [表で見る]小沢氏側がゼネコン側から年間約2億円を集金するシステムとは…

 裁判長「検察官、さらに尋問はあるのですか?」

 検察官「申し訳ございません。これで終了させていただきます」

 《休廷前には、さらに質問する予定だった検察側だが、休廷中に検討した結果、質問を中止したようだ》

 裁判長「じゃあ、そのことを証人に伝えます」

 《職員に促され、元総務部長兼経営企画部長が再び廷内に入ってくる》

 裁判長「お待ちいただいて申し訳ありませんでした。尋問はないということで、お帰りになって結構です」

 証人「はい。どうも…」

 《少しほっとした表情も浮かべながら、何度も頭を下げる証人。証人が退廷すると、裁判長は、検察側が西松建設のダミー団体と主張する「新政治問題研究会」(新政研)代表の供述調書を証拠として採用することを検察、弁護側双方に確認する。そして検察官に告げる》

 裁判長「甲12~18号証と81号証を示してください」

 《裁判長に促されると、検察官は立ち上がり、調書の朗読を始める》

 検察官「当時の(西松建設の)経営企画部長からダミーの政治団体を作ることになったので、庶務的な仕事をしてほしい、と言われました」

 「いずれも西松が名義を借りたものでした」

 《新政研には、政治団体としての活動実体がなく、西松建設が献金のために作ったダミー団体であることを裏付けるような供述が読み上げられていく》

 検察官「新政研、未来研と、献金先との交渉も、すべて西松建設でやっていました」

 「西松建設の指示で、献金先の口座に振り込む機械的な事務をやっていました」

 《検察官が新政研代表の供述調書を読み終わった。登石裁判長が閉廷を宣言する》

 裁判長「それでは、今日の予定はこれまでです」

《傍聴人が退席していく。大久保被告は、じっと正面を見据えたまま。表情に大きな変化は見られない。次回期日は1月26日で、大久保被告本人に対する被告人質問が行われる予定だ》
       =(完)

【関連記事】
「こんなところに引きずり出されて」 感情吐露する証人
地盤ならではの団体? 「作る必要があったのか」裁判官が質問
証人に裁判官ツッコミ「届出印の保管はそんなに軽いこと?」
ほかの政治家への献金、証言避ける元西松部長「ここで申し上げる訳には…」
「記憶にない」「元社長が決めた」 元西松部長が連発

てつやのブログ
悩む美容師のぶろぐ
KirstieHalliwellのブログ
やすはるのブログ
g1epfms0のブログ

政府、61法案を提出予定=子ども手当、高校無償化(時事通信)

 政府は13日、民主党の正副国対委員長らによる会合で、18日召集の通常国会に法案61本、条約13本を提出する予定であると報告した。61本のうち、子ども手当支給法案や高校授業料無償化のための法案など28本が2010年度予算案の関連法案との位置付けだ。
 子ども手当支給法案は、中学校卒業まで1人当たり月1万3000円支給する。11年度からは支給額を月2万6000円に増額する予定だ。高校授業料無償化法案は、公立高校の生徒からは授業料を徴収せず、私立高校の生徒には所得に応じて年間12~24万円を助成する。 

【関連ニュース】
負担軽減効果、想定下回る=高校無償化、特定控除縮小で
高校無償化に3933億円=10年度予算案〔教育〕
政権公約、修正相次ぐ=聖域なき削減で予算圧縮-10年度予算
完全実施はコメ所得補償のみ=財源難で公約にもメス
低所得世帯は最大約24万円助成=高校無償化の私立で

ピアノマン
たけるのブログ
携帯ホームページ
ショッピング枠現金化
カードでお金

<訃報>鶴田尚正さん71歳=日本出版販売元社長(毎日新聞)

 鶴田尚正さん71歳(つるた・よしのぶ=日本出版販売元社長)12月27日、膵臓(すいぞう)がんのため死去。葬儀は近親者で済ませた。お別れの会は26日正午、東京都千代田区紀尾井町4の1のホテルニューオータニ。喪主は妻典子(のりこ)さん。

不揃いな果実
モノマネ博士
無料携帯ホームページ
債務整理無料相談
携帯ホームページ

<子ども手当>神奈川県知事、ボイコット撤回「対象者に迷惑」(毎日新聞)

 子ども手当の地方負担のボイコットを表明していた神奈川県の松沢成文知事は5日の定例会見で「法の下の平等に照らして対象者と市町村に迷惑を掛ける」として、県負担相当額を支出する方針を明らかにした。松沢知事は国の全額負担を求め、県負担分となる児童手当を10年度予算案に計上しない意向を示していたが、事実上撤回した。

 支出の名目は、児童手当ではなく県独自の「神奈川方式」も検討し、結果的には対象者に子ども手当と同額が支給される。

 一方、児童手当の地方負担分を子ども手当の財源に充てる政府の方針には「相談もなく勝手に地方に負担させるのは憲法違反」と主張。「市町村や対象者に迷惑をかけない形で、最後は国と法廷闘争も辞さずに戦っていく」と、引き続き国に全額負担を求める考えを示した。【木村健二】

真鶴ポイント
ブログで稼ぐ
クレジットカード現金化 還元率
自己破産
ライブチャット

<投資詐欺>近未来通信元役員の2被告を再逮捕(毎日新聞)

 IP電話会社「近未来通信」(東京都中央区、破産手続き中)を巡る投資詐欺事件で、警視庁捜査2課は6日、同社元専務の日置茂(44)と元常務の建石春雄(67)の両被告=いずれも別の詐欺罪で起訴=を詐欺容疑で再逮捕した。捜査2課は、約3年前に海外に逃亡した同社社長の石井優容疑者(53)=詐欺容疑で国際手配=の行方を追うとともに、同社が99年3月~06年10月に全国の約4000人から集めた約603億円の使途の解明を進めている。

 逮捕容疑は、石井容疑者と共謀し、06年3月~同11月に茨城県の会社役員の男性(59)ら2人に「中継局のオーナーになれば毎月80万円の収入が得られる」などと偽り、出資金約3500万円をだまし取ったとしている。

 日置容疑者は「うその内容でオーナーを募集したのは間違いないが、詐欺の認識はなかった」と供述。建石容疑者は「石井社長の指示でやった。詐欺は間違いない」と容疑を認めているという。

 警視庁は、東京都稲城市に住む会社役員の男性(65)ら計4人から出資金計約1億2000万円をだまし取ったとして、昨年11月に日置容疑者ら同社元幹部計6人を逮捕。東京地検は同12月、日置、建石両容疑者を詐欺罪で起訴し、他の4人については関与が従属的だったとして処分保留で釈放していた。【酒井祥宏、川崎桂吾】

【関連ニュース】
詐欺容疑:「寝具購入リストに名前」削除偽り現金 愛知
詐欺:容疑の男逮捕“振り込め”集団リーダーか 愛知県警
エビ養殖詐欺:被害者260人が3億5千万円賠償求め提訴
福岡裏金接待疑惑:市町村振興協会分 詐欺容疑で立件へ
詐欺容疑:神奈川県職員が架空発注で公金横領 刑事告訴へ

スクラッチ
けんのブログ
クレジットカード現金化 還元率
即日現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化

窃盗容疑 優勝馬の勝負服盗む 名古屋の男逮捕 滋賀県警(毎日新聞)

 人気競走馬「ブエナビスタ」の勝負服を盗んだとして滋賀県警草津署は6日、名古屋市名東区照が丘、パート店員、石澤雄一容疑者(39)を窃盗容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は昨年4月下旬、京都市伏見区の京都競馬場で、調教師の松田博資さん(63)=滋賀県栗東市=が所有する勝負服(時価3万円相当)を盗んだとされる。同署によると、石澤容疑者は勝負服をインターネットオークションに出品、佐賀県の男性が同年6月に20万円で落札していた。松田さんが偶然、インターネットで勝負服が落札されているのを見つけ、7月に被害届を出した。

 勝負服は、昨年3月7日に阪神競馬場で開催したチューリップ賞レースで、人気競走馬の「ブエナビスタ」が優勝した際、安藤勝己騎手が着用していたものだった。石澤容疑者は競馬ファンで「ネットオークションでもうけようとした」と供述している。他の競馬用品もネットオークションに出品した形跡があり、余罪を調べている。【前本麻有】

【関連ニュース】
新型インフル:ワクチン80人分盗難 京都の病院
パスポート盗難:二十数冊 ビザ代行業者ずさん管理
窃盗:腕時計3億円盗まれる…壁に穴、銀座の貴金属店
窃盗:銀座の貴金属店の壁に穴 腕時計3億円相当盗まれる
ひったくり:女性ばかり狙い8件、同一犯か 名古屋

ごみの出し方
刑部課長の伝説
無料ホームページ
カードでお金
現金化口コミ

「肉食系」女子、高い禁煙志向=草食系は健康心配・ネット調査(時事通信)

 新年を機に禁煙に挑戦したい喫煙者は約3割で、自らを「肉食系」と考える30代女性で最も禁煙志向が高いことが、ジョンソン・エンド・ジョンソン社のインターネット調査で分かった。禁煙理由のトップも、肉食系は値上げ、草食系は健康とタイプで差が出た。
 調査では、貪欲(どんよく)で積極的に活動する人を「肉食系」、協調性が高く優しいが、恋愛などに保守的になりがちな人を「草食系」と定義。自らタイプ分けしてもらい、タイプ、年代、男女がそれぞれ同数になるように、20~50代までの喫煙者632人の回答を集計した。
 2010年元旦から挑戦したいこと(複数回答)では、禁煙は29.6%で、貯金、ダイエットに次いで3番目。男女とも肉食系の方が禁煙志向が高く、肉食系女性では33.5%。最も低い草食系男性は25.9%だった。
 禁煙したい人の率を年代別に見ると、30代で40.5%と最も多く、中でも肉食系女性は50.0%に上った。逆に最も少ないのは50代で、草食系男性では12.8%だった。 

【関連ニュース】
喫煙描写で児童誌が販売中止
大幅増税へ「交渉続ける」=たばこ税で
「力士」の映画が大ヒット=仕掛け人は空手5段
男性の喫煙率、過去最低=20代で大幅減、女性も低水準
たばこ増税、本格検討へ=「健康課税」に難題も

スリーステップ
j93k1ab8のブログ
クレジットカードのショッピング枠を現金化
クレジットカード現金化 即日
現金化

<総務省>鈴木事務次官が退任 後任に岡本氏(毎日新聞)

 原口一博総務相は7日、鈴木康雄事務次官を退任させ、後任に次官級の岡本保総務審議官を起用する方針を固めた。鈴木次官は自公政権下の昨年7月に就任したばかり。1年に満たない退任は異例で、人事でも政治主導を印象づけたい狙いがあるとみられる。

 岡本審議官は旧自治省出身で、鳩山政権が最重要課題に位置づける地方分権改革の推進を強化する。

 鈴木次官は旧郵政省出身。次官級ポストに格上げする内閣官房郵政改革推進室長への就任が検討されており、1月中旬にも発令する。郵政改革推進室は昨年10月末に発足し室長が就任したばかりだが、見直し作業の遅れから体制強化に踏み切る方針。【石川貴教】

【関連ニュース】
原口総務相:放送局への出資規制を一時緩和
政務三役会議:総務省は公開に…原口総務相が意向
住基ネット:非接続「国の提訴可能に」 総務省研究会提言
衆院選:有権者数を訂正 総務省
総務相:「通信技術」先進校視察 活用事業復活に強い意欲

tomodai
みちこのブログ
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化
カードでお金

考えはどこに 政治無関心層もその気に(産経新聞)

【キブンの時代】第1部(2)

 「さっきの小泉の演説聞いたか? すごく感動した。おれは小泉を応援する、自民党に入れるぞ」

 平成17年8月8日夜。コピーライター、川上徹也(48)のもとに、興奮気味の父親から突然、電話が掛かってきた。官邸で当時の首相、小泉純一郎がテレビカメラを前に衆院解散を告げ、「郵政民営化は必要ないのか国民に聞いてみたい」と熱っぽく語った直後のことだった。

 普段さして政治に関心があるわけではない父親が臆面(おくめん)もなく感動という言葉を口にする。気分の選挙の元祖ともいうべき郵政選挙の幕開けだった。

 川上は著書「あの演説はなぜ人を動かしたのか」で、「小泉演説」のほか田中角栄やオバマ米大統領、ケネディ元米大統領ら有名政治家の演説の魅力を分析した。

 心を揺さぶる演説には(1)何かが欠落した主人公(2)やり遂げたい遠く険しい目標やゴール(3)葛藤(かつとう)や障害、敵対物の存在-の3条件が備わっているという。「感動のツボ」を押さえた演説に国民は感情移入しやすく、応援したい気分に駆り立てられる。

 「『自爆解散』と揶揄(やゆ)された小泉は、この演説一本で逆境をひっくり返した。造反議員には刺客候補が擁立される様子を連日テレビが映し出し、国民はハラハラして見守る。この構造が小泉支持の空気をつくっていった」と川上は解説する。

 昭和52年に出版された山本七平著「『空気』の研究」。山本は会議や組織、社会全般に至るまで場を支配する空気が優先し、それが日本人の判断基準になっていると指摘した。

 最近の選挙ではメディアが大きな力を持ち、気分という空気にことのほか影響を及ぼす。メディア戦略は選挙戦の柱に組み込まれ、党や候補者は有権者の気分を操ろうと躍起になる。

 選挙PRに詳しいPR会社代表の中村峰介(42)は「民主党は19年の参院選からの戦略が非常にうまかった」と評価する。

 参院選時、こわもてイメージの強かった当時の民主党代表、小沢一郎をコマーシャルに担ぎ出し、「生活が第一」と叫ばせた。民主党は参院選に大勝。自民党は37議席しか獲得できず、結党以来、初めて参院第1党の座から滑り落ちた。

 「このとき有権者が『疑似政権交代』の気分を味わった。そのまま衆院選になだれ込めた」(中村)

 「自民=負け」という気分がうまく作られていったというのだ。

 昨年夏の衆院選は「マニフェスト選挙」とも呼ばれた。各政党が有権者に対して政権公約(マニフェスト)を示し、支持を呼びかける。

 しかし、本当にマニフェストに基づいた投票だったのか。明治学院大教授(政治心理学)の川上和久(52)は懐疑的な見方を示す。

 「有権者はマニフェストを読んだつもりでいるが、結局、テレビを通じて理解しているだけだ。議論は深まらず、ムードとイメージの選挙に終わった」

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査で、衆院選前に「投票はマニフェストを考慮する」と回答した人は8割を超えたが、「マニフェストをどのくらい知っているか」との問いには、65%が「少し」だった。

 「17年の衆院選の気分のもとは郵政民営化で、昨年は政権交代に変わっただけ。『それが実現すれば、明るい未来が訪れるかもしれない』という気分を演出できたかどうか。選挙の勝敗の鍵はその一点のみだ」 川上はそう考えている。

(敬称略)

【関連記事】
考えはどこに 「面白いかどうかで決めるだけ」気分が選挙を制する!
考えはどこに とりあえず幸せ探し、「婚活」で下がるハードル
「落選組」擁立めぐり自民執行部に温度差
次は自民揺さぶり “勝利宣言”の亀井氏
仏の谷垣、鬼になれるか 自民の落選議員をふるい分け

マーチンゲール法
タレント犬紹介
クレジットカード現金化 即日
ショッピング枠現金化
債務整理無料相談
プロフィール

やまぐちゆきひこ

Author:やまぐちゆきひこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。