スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首相「検察へ圧力ない」 陸山会事件発言で釈明 参院代表質問(産経新聞)

 菅直人副総理・財務相の財政演説に対する各党代表質問が20日午前、参院本会議で行われた。自民党の尾辻秀久参院議員会長が、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入事件に関する鳩山由紀夫首相の一連の発言を「検察に対する圧力ではないか」とただしたのに対し、鳩山首相は「検察に対する圧力という意図も(捜査への)影響もない。検察が公正な捜査をすることを信じている」と述べ、批判を否定した。

 また首相の偽装献金事件に関連して、実母から12億6千万円の資金提供を受けたことには、「資金提供は何も承知していなかった。贈与税を免れようという発想はなかった」と重ねて釈明した。

 同時に、尾辻氏が「恥じるところがあるなら即刻辞職してほしい」と退陣を迫ると、首相は「天に恥じることがないように、国民の政権交代に対する期待に応えるという使命を果たすのが、首相として責任を果たす道だ」と応じ、総辞職を否定した。

 また、天皇陛下と習近平中国国家副主席との特例会見について、首相は「日中関係を未来に発展させる観点から大きな意義を有している。政治利用には当たらない」とした上で、「象徴天皇制については十分理解している。天皇への尊崇の念は持ち合わせている」と述べた。

 一方、首相が5年前に出版した「新憲法試案」で憲法改正を訴えたことについては「一人一人が憲法はかくあるべしという考えをもつのは当然だ」とし、「首相には憲法尊重擁護義務がある。今は私の考え方を申し上げるときではない。在任中も考えない」と言明、持論を封印する考えを示した。

 尾辻氏に続いて、民主党の藤原正司参院議員副会長、公明党の松あきら氏が質問。民主党は衆院では「政府・与党は一体」として質問を見送っており、衆参で対応が分かれた。

【関連記事】
国民新党の下地氏、民主の検察リーク調査に「参加しない」
首相が指揮権発動否定 小沢氏側土地問題 「潔白信じる」
民主調査チーム 疑惑解明を妨害する気か
民主は良識まで“交代”か
小沢事務所への献金は“みかじめ料” 東北の談合

将棋 久保が三間飛車 王将戦第1局(毎日新聞)
産業ガスをめぐりカルテルか 大陽日酸など十数社に立ち入り検査(産経新聞)
【揺らぐ沖縄】与野党なぜ「傍観」 移設先困った民主/ねじれに悩む自民(産経新聞)
<私立中入試>近畿でスタート 不況で倍率低下(毎日新聞)
民主、参院比例に前群馬県知事を擁立(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やまぐちゆきひこ

Author:やまぐちゆきひこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。